2017年6月上旬

買取データベース
http://cari.jp/?k=%C7%E3%BC%E8
http://cari.jp/1/?k=%C7%E3%BC%E8
http://cari.jp/a/?k=%C7%E3%BC%E8
http://cari.jp/b/?k=%C7%E3%BC%E8

律詩は3・4句目と5・6句目のどちらかは対句

10日(土)

ピザを注文しようとしたら、よく使っていたピザハットがなくなっていたり、時間帯的な問題からかネットからは予約のみだったりしたので、しょうがないので自転車で店舗に行く。ネットだとキャンペーンで半額とか書いてあったと思ったのに店に行くとなかった・・ようわからんがそのまま購入。

蜘蛛が侵入していたので外に逃がす。逃がせるものは逃がすのがよい。

3日(土)

1万円を盗んだ罪に問われ、300日以上身柄を拘束された後、無罪
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000075-mbsnews-l27&pos=4

他国の政治権力(外圧)だろうが、自国の政治権力だろうが、個々人の人権(自由権)を守る権力がよい。ただ、自国というものがあった方が、人権保障上便利だから、他国支配状態は避けたいというに過ぎない。自国が自国民の人権を侵害するのも歴史の常態である。政治権力の選択はいつもコレラとペストのうちましな方の選択ということかもしれない。

10年ぐらい前までは不条理に対して義憤的感情が心の底から湧いてきたし、何年か前までもそこそこ義憤・食欲など欲関係があった。今は、心の底から突き動かされるようなものが少なくなった。むしろ、そういうのが尽きていきそうなのにこれではいけないと思いつつ、どうしようという感じで抵抗ならぬ抵抗をしている感じ。年のせいか、鬱系か、脳にダメージがあるのか。食欲が一番最初に落ちた気がするし、それが様々なところに影響しているのかもしれない。未成年時はかなり食ったのに(特に小学校後半あたりから?)。

人間は生きていると食料摂取・排出・新陳代謝でどんどん物質(原子・分子)が入れ替わる。だから、人生は長いとかいいつつ、先の自分は記憶などを引き継いだ別物かもしれないとも思う。そう考えると今は非常に重要だと思う。今が大事(でも先のことも考える)というのが大事だろう。

Y・H・Sはどうしているかな?。徴兵で子供をとられて戦地に送られた親はこんな気持ちかもしれない。

1日(木)

普段慣れで(よく見てる桁数の)大きな数同士を足すとだいたい幾つみたいなのをパッと見判断するのだけど、ほんとに桁数合っているかなとふと考えて確認したりして脳のリソースを無駄に消費したりする。慣れたインターフェースでよく扱うものについては桁数のずれは違和感を覚えたりして気付くのだけど(そもそもカンマがあれば桁はわかるし)、ブラインドタッチと同じでできるけど何故できるのかよくわからない部分もあるので変に確認したりしてどっと疲れることがしばしば。
posted by cari.jp at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

虐待ハウス保護・児童虐待支援批判2017年6月中旬

連れ去り・引き離しされた子供はそのままその支配に服さなければならず、逃げる権利も認められない。

子供の意思は考慮しないとして、子供の逃亡の自由を否定する公的機関。虐待ハウスの支援機関と化しており、即時是正が必要である。

現在の運用は虐待ハウスからの子供の逃亡を防止したり禁止する悲惨な運用である。子供が連絡先を含め別居親の情報を正しく取得し、面会・逃亡を認めるだけで防げる児童虐待・児童虐待死が多く存在する。

一方親が他方親に優先して子供の居所を指定できるのは違憲であり、居所は子供自身の居住・移転の自由(憲法22条)により子供が決すべきである。現行の運用は憲法の明文を無視しており、即時是正が必要である。

学校などの公的施設は同居親(拉致親・監禁親)の言いなりになり、別居親の情報を遮断するのではなく、むしろ別居親の連絡先などの情報を提供すべきである。子供の逃亡の自由を認めない限り、児童虐待は防げない。

子供をさらいつつ、住所(居所)を容易に隠匿できる制度・運用になっている。別居親は誘拐親・拉致親・監禁親に毎月多額の身代金を払い、公的機関という誘拐・拉致・監禁支援団体に税金を払うという非情で滑稽なのが日本。

現代日本は国民が税金を払ってそれを元手に公権力が国民の人権を侵害している。歴史を見れば公権力は国民の人権を侵害するのがむしろ常態ではあるが、子供を含め個々人の人権を保障する方向で運用されなければならない。

司法の現状維持ルールは、司法は子供を助けないけど、別居親は自分で助けるな、子供は自分で逃げ出すな(自力救済禁止)・・・つまり、子供が同居親に殺されてもなすに任せよ(死ぬ前に揉み消せなくなったら命だけは助かることもある)、という残酷なルールである。

司法は往々にして人権を保障する立場ではなく人権を侵害する立場にもなっている。個々人は司法に人権(自由権)を守ってもらうというより、立法・行政・司法それぞれに人権(自由権)を守るように要求すべきである。そのために立憲主義的憲法(自由主義的憲法)がある。

別居親が子供に会おうとするのがストーカーなら何時までも拉致被害者返せという日本も北朝鮮から見たら立派なストーカー。誘拐犯等犯罪者から見たら警察も立派なストーカー。そもそも、親が幼い子供をストーキングするのは当たり前では?。子供をストーキングするストーカー同士が鉢合わせてお互いをストーカーと言っているようなもの。

家裁(家庭裁判所)実務はDV親に拉致・監禁された子供に対して非常に冷酷である。意思は考慮せず、拉致親・監禁親にそのまま帰属させるというルールが最優先される。もちろん、家裁で働く公務員や裁判官の方が全て悪人というわけではないがそれはファシズム政権下の公務員やアウシュビッツ強制収容所の職員が全て悪人であったわけではないのと同様である。

DV支援措置は、DVの加害者だろうが被害者だろうが関係なく、相談者をDV被害者と見なし勝たせるシステム。DV冤罪をうみ、DV被害者にお金を出させ、DV加害者が虐待ハウス(DVハウス)を運営し、児童虐待を継続する原因となっている。痴漢冤罪もそうだが、DVも痴漢も元々犯罪。本来の犯罪捜査の精度をあげるべきであり、特別な制度や運用で推定有罪状態を作り出すのは有害である。

国のDV支援措置を利用して、DV加害者が子供を連れ去り、行方をくらましつつ他方配偶者にお金を振り込ませ、虐待ハウスに君臨して子供を虐待し続ける案件が多発するのが日本の現状。(実際は母DV加害者・父DV被害者だろうが)母親がDV被害者と自称すれば立証せずに父親をDV加害者とする見なし運用がまかり通っている。DV被害者をより広く救うため立証不要としたら、DV加害者に利用されまくりという悲惨で滑稽な運用。

日本の家事司法は、児童虐待があることがわかっていても、もみ消せるならもみ消す。別居親に対しては、(子供がどうなろうと)自力救済は許さない。子供の逃亡の自由は認めない(意思は考慮しない)。虐待ハウスであってもそのままいるべきだ(継続性・現状維持)。自由権(人権)とか聞く耳持たない。自分の子供を生贄に差し出すような理不尽な秩序も受け入れろ(国に忠誠を尽くせ)。いつの時代の発想だろう?。国民に自爆攻撃させていた時代とお役所の気質はたいして変わらない(現場の運用が人権侵害的なら人権侵害をし続ける)。

子供は別居親には会いたくないという主張があり、そういうケースもあるだろうが、同居親(拉致親・監禁親)がインプリンティング(刷り込み)を利用してブラック条件でも自己を受容するようにしたものであり、本来子供が正しい情報をもとに自分で判断すべきである。親も子供に好かれるように精進すべきであり、刷り込みを利用すべきではない。同居親にせよ、別居親にせよ、正しい情報と自由意思のもとに好かれたり嫌われたりするのならばしょうがないと言える。別居親は嫌われたら会うことはできないが、同居親は嫌われても子供が逃げることはできないというのは異常である。

痴漢冤罪でもそうだが、元々の法律でも痴漢は犯罪である。特別な立法や運用の多くは必罰主義に基づいて証拠が十分でないものを立件できるように誘導するものであり、有害である。対処は本来防犯カメラの設置・データベースの登録や解析など客観的証拠を収集する方向で行うべきであり、法律の条文や運用をいじって有罪にしやすくするのをよしとするのは異常である。DV支援措置も証拠がなくてもDV認定するどころか便利でお得だからとDV認定を受けておくように薦められたりする。結果としてDV加害者が子供を連れ去り、行方をくらまし、DV被害者からお金をたかり続け、虐待ハウスで子供を支配し続けることができるDV加害者支援措置となっており、異常である。

1970年代は親権を取る割合は夫、妻が半々だったが、最近では圧倒的に妻側に親権がいくケースが多い
http://luana3.hatenablog.com/entry/shinken_otto

車内放置で乳児死亡 逮捕の母親「パチンコしていた」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170601/k10011003461000.html

虐待をした母の死…売春、違法薬物におぼれた少女
https://www.bengo4.com/internet/n_6179/

面会交流のあり方は子どもが決めること
https://www.bengo4.com/c_3/c_1377/n_6160/

虐待相談が最多
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170607-00018352-kana-l14

<狭山虐待死>母主張 反省文で涙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00010003-saitama-l11

死んだ母に「ばかやろー、片耳返せ!」と叫んだ少女、壮絶な虐待からの生還
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00006178-bengocom-soci

高校生の娘に暴行を加えていた疑いで逮捕された母親と、自称・霊能力者の女が、「尼さんにしようと考え、丸刈りにした」と供述
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00010008-houdoukvq-soci

以下、過去記事再掲載

子拉致問題まとめ
http://fanblogs.jp/k10/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://blog.livedoor.jp/ken060819/search?q=%BB%D2+%D9%C7%C3%D7
http://k070802.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://kblog.mediacat-blog.jp/search.php?search=%E5%AD%90+%E6%8B%89%E8%87%B4
http://red.ap.teacup.com/applet/k0905/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8Eq+%9Df%92v&inside=1

母性優先原則廃止要望(日本語・English順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1041/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120295.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/post-3af3.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/259
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://k070802.seesaa.net/article/445650426.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075271.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(日本語・English順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1054/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120595.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/201701-46be.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/272
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-110.html
http://k070802.seesaa.net/article/446394178.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52076843.html

母性優先原則廃止要望(English・日本語順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1043/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120331.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/261
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
http://k070802.seesaa.net/article/445729743.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075459.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(English・日本語順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1069/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120917.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/02/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/287
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
http://k070802.seesaa.net/article/447146904.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52078456.html
posted by cari.jp at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

2017/06/10 セルテス鳥見 間取図(間取り図)

1706101410_celtis_torimi_madori.jpg
かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017/6/10記事 セルテス鳥見 外観写真

20170609\xE3\x82\xBB\xE3\x83\xAB\xE3\x83\x86\xE3\x82\xB9\xE9\xB3\xA5\xE8\xA6\x8B3.jpg
かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

2016/10/17(17:50:37)写真 猫S

neko_IMG_20161017_1750371.jpg
かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月04日

2017年5月下旬

歴史データベース
http://cari.jp/?k=%97%F0%8Ej
http://cari.jp/1/?k=%97%F0%8Ej
http://cari.jp/a/?k=%97%F0%8Ej
http://cari.jp/b/?k=%97%F0%8Ej

一苦難さ(1973)尊属殺重罰規定違憲判決

否サ無(1736)サファヴィー朝滅亡

31日(水)

日付が変わった0時台に横になりつつYのことを思い出す。
赤ん坊の頃、僕の膝にYを横たわらせ、「自分で持つ、自分で持つ」と言って、哺乳瓶に両手を添えてやったらすぐに(自然に)覚えて飲んでくれた。その様子がなんとも可愛い。きょとんとしてるような、目をまるくしているような、僕を見つめつつ、一生懸命ぐびぐび飲んでいた。
1歳頃には(Rらが何かやろうとしても)「パパやる、パパやる」と言ってひっくり返って、Rらを寄せ付けなかったりした。僕にとってはこの上なく可愛いが、Rにとっては面白くなかったのだろう。

自分が7歳ぐらいのときに夜遅く薄暗がりで掛け時計を眺めながら「人生の10分の1ぐらいが過ぎたな」と思った記憶がある。でも、概念がちょっと難しめなので9歳ぐらいだったのかな?。ぽけーと座りつつ考えた気がする。掛け時計は代替わりしていると思うがそれを思い出しつつ撮ったと思われる写真をアップ。
http://red.ap.teacup.com/k0905/381.html
http://kblog.mediacat-blog.jp/e122507.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/05/20160911100308-2e3a.html

外溝工事のFさんの来訪を受ける。

T広告の方の来訪を受けお話しする。

29日(月)

夢:まだ在学中の設定で、遅刻常習者だけど(出席日数足りなくなって)留年したらやばいなと思っている。遅刻ギリギリでやばいなと多少思いつつ何かの問題を解き始めている。

実際の自分は(高校まで)少しの遅刻をよくしてしまう遅刻常習者だったけど、がっつりは休んでいない。夢の中では登校拒否並みに休んでいるということが多い気がする。
夢の中では大学なんぞ受からん、どうしよう的な学力が多い気がする(大学卒業して再度受験の設定も多い気がする)。結構前に見た夢では再び(同じ?)高校に入っている設定で「鈴木さんは前に受かっているし今度も余裕ですよね」という感じに年下の同級生にふられ「まあね〜」と言いつつ「無理だー、どこも受からん」と思っている感じだった。

27日(土)

朝食:お弁当(チキン、春巻きなど)、目玉焼き+ピーマン。
冷蔵庫から卵を出そうとしたら2つ落して両方割れた。

16時台にプランター容器に土を入れるため実家の前庭に行く。
とり始めたら1すくい目ミミズ、2すくい目大きな幼虫。両方怪我はなかったようだが、以降ケガさせたり殺したりしないように慎重にすくっていった。

今もそうだが最近は悠長に土を採取していると後で耳たぶの縁が痒くなる。蚊にくわれまくりなのかな?。

夕食:カレーライス。母の作ってくれた煮物をのせる。

Nさんとサイゼリアでお会いする。
チキンと他1品残してしまう。外での食事は残飯が出るのがネック。家だったら次回の食事でチンすればいいのに。特にお肉系はお肉に申し訳ない。

25日(木)

14時頃疲れたので小パックの森永マミーを飲んで糖分補給。気分転換のため実家裏庭に行きプランターに土を入れる。雨の後(合間)だったので土が採取しやすかった。プランターにピーマンの種やネギの根っこ近くを植える。

17時台に夕食。塩ラーメン(もやし・ネギ)。

適当に横になったりする。youtubeでクラシック音楽(ラフマニノフ)を聴いたりする。dTVではアニメ「Fairy
Tail」。

24日(水)

15時過ぎに疲れて、横になってdTVでアニメ「甘々と稲妻」を一瞬つけたり、youtubeでドビュッシーのクラシック音楽一瞬流したり、庭に出てプランターにネギ植えて、水やったり・・・でもなかなか回復せず、どうしていいかという感じだったが、小パックのグレープジュース飲んだら割と回復した。ブドウ糖不足だったか?。まあ、しばしばあること。

夕方疲れると「あとやらないといけない仕事は・・何々と・・歯を磨くこと」とか自分の中で歯を磨くのが仕事として挙がる傾向がある。

夜、横になりdTVで「甘々と稲妻」を視聴し最終回まで終了。

散歩がてらモールスーパーに行くことにし、店の近く(モール敷地内)まで行くが、買い物はやめて他のルートの散歩にした。行きは通り沿い、帰りは川沿いを多く通った。

23日(火)

M(T)さん御来訪。仕事上の報告を受けると共に缶ビールを頂く。ありがたい。

夕食として母がスパゲティを作ってもってきてくれた。
スパゲティにかける粉チーズを買いに近くのイオンモールに行く。
結構昔の話だけど100円ショップのオレンジに粉チーズがあったので、一応100円ショップを覗くが粉チーズどころか食品コーナーがなさそう(記憶イメージからそんな気もしていたけど)。
スーパーに行き、粉チーズを見つけ「少し高いな」と思いつつ2つ購入。粉チーズはチーズ売り場でなくスパゲティ売り場にあった。

夕食としてスパゲティを食べる。夕食中は何だったか定かでないが、今日は漢文・地理・公民の授業を視聴。

猫Hの皮下注射をしに実家に行く。

自転車で買い物にでかける。B&Dに行き、粉茶(粉末緑茶)を5袋購入。
案の定だが粉チーズはこちらの方がだいぶ安い・・約半額。
まあ、量だけでなく質もあるからな。でも、次からは覚えてたらこっちで買おう。

夜、横になり、dTVでアニメ「甘々と稲妻」を視聴。

22日(月)

夜、モール内スーパーに歩いて買い物に行ったところ、モール前でNさんにお会いする。
住んでいるところの家賃のお値打ち感に衝撃。
Nさんと別れ、買い物。低脂肪乳・ネギなど購入して帰る。

もう一度同じスーパーに行き、小パックのジュースを9個(?)購入。

dTVでアニメ「甘々と稲妻」を視聴。最初の数話は前に見たことがあり、今見ているのは再視聴分。
前にバイトで来たMがこれの話をしてて、「僕も見たよ」みたいな会話をしていたのを思い出す。
posted by cari.jp at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

2016/08/20(17:10:10)写真 ぬいぐるみ

IMG_20160820_1710103.jpg
かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

母優先・誘拐有利・拉致監禁親保護是正要求2017年6月上旬

事実婚における子供への権利義務を男女平等にして、法律婚への誘導をやめるべきである。

事実婚(非法律婚)の場合でも認知した子に対する権利は男女が平等に扱われるよう要求致します。

現在の家裁(家庭裁判所)は自由主義の敵・私有財産制(資本主義)の敵、拉致・監禁の味方。是正すべきである。

子供が行方をくらまして銀行口座にお金の入金だけしろと要求し、ひたすら入金し続けるのは異常なのに、配偶者がそれを要求するのは認める日本の司法は異常。

中学生ぐらいまでの子供の意見を尊重しない(無視する)現行運用は憲法を厳格に適用すれば自由権(人権)を侵害する違憲な運用である。憲法を軽視(無視)する現場の風潮のおかげで存続しているだけであり、是正が必要である。

子供を連れ去った方がDV被害者であるというみなし運用により、実際にはDV加害者が子供を連れ去り、DV被害者から行方をくらましつつDV被害者にお金を出させ(DV被害者を経済搾取し続け)、虐待ハウスを安定運用している事例が頻発している。

司法(裁判所)や警察その他行政は、逃げた子供を虐待ハウスに強制送還するのではなく、逃げる原因を作った虐待ハウスの主人を取り締まることを考えるべきである。虐待ハウスという密室に強制送還して解決したとみなす公権力はあまりに冷酷である。

経済力のある者が法律婚をする場合にはDV被害者なのに子供にも会えず子供へのDVを心配しながらDV加害者にお金を払い続けるという事態が生じうる。現在の法律の運用では経済力のない拉致親・監禁親はいつでもそういう状態を作ることができる。

子供がブチ切れて「お前の手作り料理なんぞいらない。金出せ、金。」と言ったら一律金を出すのがまともな扶養義務の履行だろうか?。子供を連れ去った拉致親(監禁親)の場合、その主張が当たり前(当然)でまともと印象操作しているのが日本の運用や利権集団。

婚姻届を出さないというのは現代の多様化した価値観の中では当然考えられる選択である。非嫡出子(婚外子)の父親(男親)の権利をほぼ認めなければ、母親(女親)により虐待が行われてもそれを防ぐことができない。父親に受け入れる意思があるなら子供は居住・移転の自由(憲法22条1項)などの自由権に基づいて親を選択できるべきである。

別居親がDVをした場合には面会交流消極派・否定派は鬼の首をとったようにそんな人間は子供に二度と会えなくても当然と言ったりしているが、似たオーダーで存在する同居親がDV加害者で別居親に子供を会わせないケースはスルーするか適切な公的介入という非現実的手段を提示する程度。結局、面会交流消極派・否定派は同居親がDVしてようが関係なく拉致・監禁を正当化したいに過ぎない。

現在の法律婚制度の下では母親(女親)は子供を拉致(連れ去り)・監禁してしまえば、父親(男親)より圧倒的優位に立てる場合がほとんどであり(母性優先の原則など)、DV・不倫など有責行為が顕著であっても、男に要求するお金の一部を割けばいいだけである(要求できるお金が少し減額されるに過ぎない)。法律婚状態で男性に経済力がある場合には、女性が男性を追い出したり(家の鍵を替えてしまうなど)、子供を連れ去ってどこかに行ってしまった場合にも、十分な金銭給付を女性側にし続けなければならず、女性側は安心して子供を拉致・監禁し続けて、男性側に会わせないことができる。子供を虐待するのも事実上自由で放置されるどころか保護されている。現行制度が改善されない限り法律婚制度をボイコットし、事実婚を選択!
するのがまともである。

フィフィ
「女尊男卑」の日本社会に怒り「海外では許されません」
http://news.livedoor.com/article/detail/13087287/

「女性優遇で“弱いオヤジ”が生きづらい状況に」と山崎元氏
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=125&from=voice&id=4581590

世界の離婚事情…日本は「子どもに対する責任」が曖昧
https://www.bengo4.com/c_3/n_6138/

制服代が原因で母子心中
https://abematimes.com/posts/2405162?adxarea=tx-pcmypage

3歳長男と入水自殺図った34歳母逮捕 殺人未遂の疑いで大阪府警
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170531-00000103-san-soci

埼玉3歳女児死亡
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000523-san-soci

3カ月の長男揺さぶり虐待か 傷害容疑で母親逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000085-asahi-soci

生後3か月の男の子を激しく揺さぶり脳死状態にさせた疑いで、23歳母親逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00002835-cbcv-soci

母親の祖母「怒り方きつくよく泣いていた」1歳男児虐待。次男は外傷性硬膜下血腫で意識不明の重体。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00000064-mbsnewsv-l28

1歳次男、床に落とし蹴る 重体で両親逮捕 兵庫・姫路
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170524-00000001-kobenext-l28

まさか自分が…多くの親に潜む「毒親」の兆候
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170523-00172443-toyo-bus_all

以下、過去記事再掲載

子拉致問題まとめ
http://fanblogs.jp/k10/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://blog.livedoor.jp/ken060819/search?q=%BB%D2+%D9%C7%C3%D7
http://k070802.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://kblog.mediacat-blog.jp/search.php?search=%E5%AD%90+%E6%8B%89%E8%87%B4
http://red.ap.teacup.com/applet/k0905/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8Eq+%9Df%92v&inside=1

母性優先原則廃止要望(日本語・English順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1041/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120295.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/post-3af3.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/259
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://k070802.seesaa.net/article/445650426.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075271.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(日本語・English順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1054/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120595.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/201701-46be.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/272
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-110.html
http://k070802.seesaa.net/article/446394178.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52076843.html

母性優先原則廃止要望(English・日本語順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1043/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120331.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/261
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
http://k070802.seesaa.net/article/445729743.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075459.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(English・日本語順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1069/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120917.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/02/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/287
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
http://k070802.seesaa.net/article/447146904.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52078456.html
posted by cari.jp at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする