2018年09月14日

皮製品や毛皮の需要について、本当に必要だから買っているのか

原始の時代から人類は動物の皮や毛皮を生活に利用してきました。それははるか昔は寒さで凍死しないためや、住居の一部として使う目的などがあったからです。
また、装飾品として使う時も自身を守るための護符などとして身につけることがおおかったようです。
このように皮や毛皮は本来、生命として生き延びる目的のために本来は獲得されるものでした。
しかし、時代が移り変わり、毛皮や革は生きるのに必須ではなく、贅沢品や楽しむためのアクセサリ的な意味合いが強くなっていきました。
また、現代で革以外の素材も登場し、必ずしもこれらが全ての社会に必要とは言えなくなってきました。
そんな現代においてそれほど動物の皮や毛皮を搾取する必要はあるのでしょうか。
まとめてみました。

安く大量に購入できるという影で

私達は普段、どんな材料が使用されているか確かめないで商品を買うことがあります。
例えば筆者は100円ショップなどでコインケースなどの革製品をよく買うことがありましたが、これは大変考えなしな、もしくは恥ずべきことだったと思っています。
なぜなら財布には牛革や革が混合になっていても合皮などが使用されていることが多いからです。
全ての商品を買わないことはできないとしても、100円ショップなど安く大量に物を購入できるお店でたびたび革製品を買うことは、動物の必要ない犠牲に拍車をかけていることは確かです。
つまり私がこの合皮の財布この間買ったかな?覚えてないな、もう1個買おうという考えで購入することが積み重なり牛達の犠牲を増やしているのではということです。
牛革は世界で最も多く需要があるとされ、その大半は食肉を得る過程で出るものだとも言われていますが、例えばインドなどでは牛の皮は死んでしまってからだと硬くなるため
生きた状態で皮を取られるという残酷な方法で得られています。
安い革製品を安いからなんとなく買うということは、このような問題に繋がっているのです。

中国ではロバの皮が大流行

中国では昔から伝統的な薬の原材料としてロバの皮が使われてきたそうです。
しかしそれは現在では美容、健康に役立つからということで流行しています。
そのような理由で中国にいるロバの数は激減し、価格も高騰しました。
今は海外の輸入に頼らなくてはいけない状況になっているのです。
その海外、例えば南アフリカなどではロバ達はただ革にすることが目的であるため、ろくに餌も与えられないなどの劣悪な状況で飼育されています。
馬の動物愛護の人達が状況を見に行った時は、多くのロバが飢え、死んだロバもそこらに転がっているというひどい状態だったそうです。

他にもある、いるかいらないか分からないで命を奪う商品

私達が日常で本当にそれが必要かどうか、よく考えないで購入している動物製品はまだまだあります。
革類では牛、豚、馬、鹿、羊、ワニ、ダチョウ、サメ、トカゲ、ヘビなどを使ったカバンや財布、革ジャン、手帳、手袋、小物、ソファ、名刺入などです。
また、毛皮と同様にラビットファーやミンクの毛皮などもそのような商品に入るといってもいいでしょう。

私達はこのような数ある製品を全て使用しないということはできないかもしれません。
ただ、商品を購入する際に、この革製品は牛の皮が使われているのか・・。そう言えばこの間このコインパースは買ったなやめておこうと考えられるようになることで、動物の犠牲は減っていくような気がします。
革や毛皮、またこれは食品にも言えることですが、いるかどうか、残してしまうかどうか考えずに購入することは動物の問題を増やしてしまうことに繋がるでしょう。

--

現代の革、毛皮の必要性について 購入の際は一度、製品表示を見て考えたい by スペクトル(CW)

動物保護(新しい順記事一覧)
http://k070802.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%AE%95%A8%95%DB%8C%EC

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
posted by cari.jp at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日の鈴木社長のツイート


posted by cari.jp at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

2018年09月12日の鈴木社長のツイート








posted by cari.jp at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

2018年09月11日の鈴木社長のツイート










posted by cari.jp at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

大地震が発生した時、政府、地方自治体、気象庁の動きとは・・・

国民の命をどのように守れるのか 緊急地震情報と受け取る手段、方法


日本は、地震発生時に国民並びに訪日している諸外国の方々を

どのように守るのでしょう

政府と地方自治体の連携、気象庁と緊急地震速報の仕組みなど

それぞれの動きを分かる範囲でまとめてみました


□□□□□□□□□□


□ 政府の動き

地震発生後、直ちに首相官邸対策室を官邸危機管理センターに設置し
緊急参集チームを招集します

ちなみに『北海道胆振東部地震』の場合は
地震発生午前3時8分
1分後の3時9分に設置されました

土砂崩れ、家屋の倒壊、停電、津波、人命、被害状況の把握
物資調達・輸送、広域医療搬送及び海外支援の受入れ調整

政府と地方自治体が緊密に連携し支持を出します


□ 地方自治体の動き

官邸危機管理センターの支持を受け、地震発生時の一次避難場所
広域避難場所・避難所等の確保など
地方自治体による地域の公園や学校などが指定されます

また、地震・災害による被害が発生した場合、救助・救急
火災の消火活動を行うのは、主に市町村の消防本部と消防団です


□ 気象庁の動き

気象庁気象業務法に基づいて地震観測を行い
マグニチュードや震度などの地震情報(各地の震度)を発表

地震発生時、震源の位置と規模、データベースの中から
適当なものを選び警報・注意報を出します

また、報道を円滑にする為、統一した呼び名を付けます
呼び名の付け方は、群発地震で被害が大きかった場所
地震の規模などが参考となります


□ 緊急地震速報

地震を即座に関知した場合、地震警報システムとして緊急地震速報が流れます

NHK・民間放送局が、緊急地震速報を流します
NHKでは最大震度が6弱以上の揺れを感知した場合
津波警報が発表された場合などTV・ラジオは全国一斉に放送されます


□ Jアラート

総務省消防庁が2007年から運用を開始したシステムで
正式名称は「全国瞬時警報システム」

緊急時に国民に情報伝達を行い、通信衛星を通じ市町村の防災行政無線で
サイレンと警報を鳴らし、迅速に国民に伝えることができます

2014年には全地方自治体にJアラート受信機の整備が完了しました

2016年には全地方自治体とJアラートが連動した防災行政無線の
自動起動装置も整備が完了しました

また、Jアラートの緊急情報は、弾道ミサイル情報、津波情報、緊急地震速報
テロ、武力攻撃など、人工衛星を用いて送信し市区町村の同報系の防災行政無線等を自動起動します

そして携帯やスマホで「緊急速報メール」を受け取る事ができます
スマホの場合、Jアラートに対応したアプリから警報が鳴ります

しかし、ネットワークの問題など、パケット通信が出来ないと受信ができません

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
posted by cari.jp at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日の鈴木社長のツイート




posted by cari.jp at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

2018年09月09日の鈴木社長のツイート


posted by cari.jp at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

2018年09月08日の鈴木社長のツイート








posted by cari.jp at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

道内295万戸(道内全域)が停電、北海道から灯りが消えた日

平成30年(2018年)北海道胆振東部地震 広い北海道の大地に大きな衝撃とライフライン断絶


9月6日午前3時8分、北海道胆振地方を震源とするマグニチュード6.7の
地震に襲われた大地

前日の5日の夜には、台風21号が猛威をふるい翌朝あちらこちらで
黄色い規制線が張られていました

街並みは、街路樹の倒木、枝折れが相次ぎ、店舗の大きな看板が落下し
ショーウィンドーが割れていたりと、一晩で何があったのかと思うような光景でした

台風がそれる傾向にある北海道をめずらしく台風が直撃したようです

それから、20時間後にあのような大きな地震が来るとは全く思いもよりませんでした


□□□□□□□□□□


□ 道内全域停電

真夜中の午前3時8分、誰しもが寝静まっていた時間帯に感じたことのないような
縦揺れと横揺れが1分程続き、思わず外に飛び出した人が多かったと思います

そして、室内の明かりを付け、テレビを付け、状況を把握しようとしていた中
その10分後にパチンと大きな音が響き、家、街、全てのあかりが消えました

まさか、停電なるとは予想だにしていなかったので暗闇の中
スマホを探したり懐中電灯を探したりとあたふたしました

北海道のほぼ全域をカバーしている北海道電力
北電の火力発電は全体で390万キロワット
地震の影響により道内の火力発電所
すべてが緊急停止したのです

一番早く停電が復旧した地域で20時間後で、2日経過した今現在も復旧のメドすら
立たない地域もあります



□ 厚真町の被害

大規模な土砂崩れが発生し、多くの尊い人命が失われ

消防、警察、自衛隊などによる懸命な救出作業は今もなお続いています
その光景をテレビで目にし、ショックを受けた道民は多かったと思います

正直、厚真町がどこにあるのかも知らなかった道民も多かったはずで
広い北海道、全179の市町村を把握していない道民も多いのです


□ コンビニ、商店

電気が使えないとガスも使えないので、必然的に食料を求めコンビニや
近くの商店に人が押し寄せます

あんなにも、コンビニに人がいる光景を見たのは初めての事でした
また、電子レンジも使えず、湯を沸かす事もできない状況で何を購入していいものか
正直、何を買えばいいのか検討がつかなくなりました


□ 一番必要だった物

今回の地震で必要だと感じた物、特に停電の時に一番必要だと感じたのは
ずばり、スマホ(携帯)の充電器です

乾電池式充電器、手回し式充電器、リチウムバッテリー式充電器
車のシガーソケット式充電器、ソーラー式充電器
スマホの明るさ、懐中電灯機能などはとても助かりました

また、スマホ(携帯)から得るライフライン情報は助かります
少し落ち付き、心に余裕が出来れば、音楽を聴いたり、動画を見たりもできます

一通りの防災グッズは必要かと思いますが、充電器は絶対だと感じました


□ まとめ

また、北海道において救いだったのは真冬でなかった事でした

地震により、何トンもの雪の重みに家が耐え切れなくなるケースがあるのです
そして、停電によりストーブが停止してしまうと、特に今回のように長時間だと
かなりの致命傷です

真冬はマイナス15度以下が当たり前なので、家の中に火が無いのは厳しい状況です
この9月の、残暑は残っていますが、寒くも無く暑くも無い気温だった事は本当に不幸中の幸いでした

そして、今回、色々な方々から暖かなメッセージなどを頂いた事で

人様の思いやりに触れる事が、こんなにも暖かで穏やかな気持ちになるものかと
実感しました、まさに、弱った心を振るい立たせてくれる原動力です

--

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
posted by cari.jp at 15:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする