2018年08月14日

世界の難民の数と日本が受け入れた難民の数は?

2016年
シリア難民のアラン・クルディくんが痛ましい姿となって
トルコの浜辺で横たわっている写真が、全世界に衝撃を与えました

生まれ落ちた場所が違うだけ、ただそれだけの事で
同じ時代に生きている私達と、難民の方々の境遇は余りにも違います

人命、人権、尊厳、根拠の無い誤解と偏見
私達、日本人は、難民の人々の本当の姿を見えているのでしょうか?


■□■□■□■□■□

◆全世界で避難を余儀なくされた難民  【2017年
UNHCR報告】

世界の難民の数 6560万人

 認定難民   2250万人
 国内避難民  4030万人 国内で避難を余儀なくされ

自国政府の保護を受けることができない人々
 申請難民    280万人

難民の出身国

 シリア
 アフガニスタン
 南スーダン

難民の受け入れ国

 トルコ
 パキスタン
 レバノン
 イラン
 ウガンダ
 エチオピア


◆UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)国連UNHCR協会 

国連(国際連合)の難民問題に関する機関
難民高等弁務官事務所の募金・寄付の公式窓口

1950年設立 本部はスイスのジュネーヴ
国連による難民や国内避難民の保護、難民の問題の解決を行う組織
全世界 130ヶ国で活動が行われています

UNHCR 公式ホームページ
http://www.unhcr.org/

UNHCR Japan 公式ホームページ
http://www.unhcr.org/jp/


◆日本の難民政策

2017年、日本では19,623人が難民申請が行われ
認定された人数は 20人
認定不可(残留を許可)は45人
 
2016年、日本が国連サミットで表明したのは3年間で2850億円の支援でした


■□■□■□■□■□

2011年に内戦や紛争が勃発したシリア
35万人の命が失われ、国民の25%が国外へ逃れました
それは北海道の人口(約550万人)と、ほぼ同じです

イスラム国、過激派戦闘員(IS)の台頭により
支配地域での虐待、拷問などが行われました

住み慣れた地を追われ、命からがら辿り着き難民申請をしても
許可をされる人と、されない人がいます
人々の命を救うことが、そんなに難しい事なんでしょうか・・・

先進国である日本の難民受け入れ数が、余りにも少ない理由には
国内の治安悪化への不安と、様々なリスクを避ける為だという声があります
又、社会による国民の誤解と偏見があるようです

それと同時に受け入れ国を見ていると
難民の人々を受け入れた後のフォローが
とても大切だとも感じます

全世界の願いは、平和になった祖国へと
一日でも早く、難民の人々を帰してあげ
失われた日々を取り戻してもらう事だと思います

--

3年間で総額2850億円拠出 難民問題への日本の対応とは・・・ by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TEL090-8487-4851(鈴木)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
posted by cari.jp at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: