2018年03月19日

日本は本当にペット大国なのか?!意外に知られていない闇

少し街を歩けば、ペットショップが至る所にある日本。
夕方の公園を除けば、楽しそうに犬の散歩をする人たち。

そう、日本は「ペット大国」と呼ばれるほど、ペットブームなのです。

でも、よく考えて欲しい。

そもそもそんなにペットショップが必要ですか?
本当に、そんなに毎日バンバン子犬や子猫が売れていくと思いますか?

犬や猫の平均寿命は大体13歳〜18歳。
一般的に、猫のほうが長生きすると言われていて、猫なんかは、20歳まで生きるコもいます。

動物はオモチャではありません。
我々人間と同じように、生きているのです。

生きていれば、食費もいるし、病気にかかれば病院代だって必要になりますよね?

13年〜18年生きるとしたら、その分、動物を飼うにはお金が必要になるのは、当然のこと。

何匹もの子犬や子猫を、おうちに迎えられる家庭なんて、そんなに多くないと思います。

だとすると、ペットショップで売れ残るコたちが出てきますよね。

あのコたちは、一体どうなるのでしょう?

子犬だ、子猫だ、と言って、「小さい、可愛い」とモテはやされるのは、せいぜい生後半年くらいまで。

それからは、どんどん大きくなり、大人になります。

大体のペットショップに来るお客さんが求めるのは、小さくて可愛い「子犬」「子猫」。

「大きくなった犬猫」は、あまり人気がありません。

大きくなったコたちが、どうなるのか?

実際に見てはいないので、完全に知ることはできませんが、想像したくないようなことになってそうな気がします。

動物保護・動物愛護の観点から見ると、むやみやたらにペットショップを増やしまくる今の日本は、本当に「ペット大国」「ペット天国」なのでしょうか・・・?

街中を歩いていて、「あー、可愛い_♪」などと癒されるのも良いですが、ちょっと冷静に立ち止まって考えてもらいたい問題だと、私は思います。

--

『日本は本当にペット大国なのか?!』(日本のペットブームの闇に迫ります)
by B.C.(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 19:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: