2017年07月01日

子の誘拐・拉致・監禁批判(面会・逃亡の自由保障要求)2017

今の日本の家裁・役所・警察など公的機関は子供の誘拐・拉致・監禁を支援(保護)する全体主義的な非人道的機関であり、即時是正が必要。

別居親に子供の通う学校などを知る権利を認めるべきである。公的機関(公権力)は税金を使って誘拐・拉致・監禁支援をするのをやめるべきである。

兄弟姉妹の中で一部の子供が特にひどい虐待を受けることもある。兄弟不分離の原則という悲惨な連帯責任は廃止すべきである。個々人が自己の居所を決められるようにすべきである。

司法(家裁)の子の福祉は(先に連れ去った親または女親による)誘拐・拉致・監禁を正当化する方便であり、子の福祉というプロパガンダで子供は逃げる権利(逃亡・選択する権利)を否定され、監禁・虐待され、時に殺される。

子供に逃亡や選択の自由を認めなければ一定数の児童虐待や児童虐待死が発生する。それがわかっていて司法(家裁)等公権力は誘拐親・拉致親・監禁親(特に母親)をほぼ一律優遇し、子供の逃亡や選択を認めない。ルーチンワークとして処理する冷酷な確信犯であり、即時是正が必要。

司法(家裁)が誘拐親・拉致親・監禁親(特に女親)を優遇・保護する結果、警察・役場などの行政、保育園・学校などの公共機関は誘拐・拉致・監禁が発生した瞬間に別居親を排斥する行動に出る。誘拐・拉致・監禁した親がDV親であった場合には、公的機関がDVハウス(児童虐待ハウス)を保護するという悲惨な状況。

今の公権力は、猛獣の檻から逃げるのを禁止して、殺されたら予期できなかったと言っているようなもの。確信犯であり冷酷である。もちろん、勤務している方が冷酷な方ばかりというわけではないが、それはアウシュビッツ強制収容所の職員が必ずしも悪人ではないというのと同じであり個々人の人格はどうあれ組織がやっている運用は残酷であり、児童虐待や児童虐待死の共犯(黒幕・原因)の場合も多い。

DV加害者が子供を誘拐・拉致・監禁した場合でも、別居親は機械的に婚姻費用を払い、児童虐待ハウスの運営資金を賄う形で我が子の虐待を支援することを強要されるのが日本の運用。第二次大戦でボコボコにされて憲法で縛られるまで、国民の税金で国民の徴兵して国民を殺してきた公権力はそれをあまり問題だとも思わない。無理やりお金を出させるのも、無理やり何かをさせるのも国にとっては常態であり、その結果死んだりしてもしょうがないという発想。今の憲法は利用できる部分以外はなるべく無視したり死文化したい、できるなら改正したいのが公権力(権力者)。

現在の司法(家裁)は誘拐親・拉致親・監禁親が女親(母親)であればほぼ一律優遇している。DVや児童虐待があっても黙認したり、しつけなどのラベリングをして揉みつぶせる限りは揉みつぶす。子どもが児童虐待で苦しみ、後遺症が残ろうが死のうがおかまいなしである。自分たちは猛獣の檻から救い出すことや逃げることを禁止しただけで直接手を下したわけではないというわけである。役所・警察などの行政や学校・保育園などもこの扱いを前提に動いており、同居親児童虐待は黙認・積極保護されるのが日本。子供の逃亡の自由(憲法22条)等自由権を保障するよう即時是正が必要である。

親権・監護権帰属が母優先なのは同居中母親が監護していたからというのは全くの詭弁で実際の司法では全く監護などしていなくても、あるいはひどいDVや児童虐待がなされていたとしても、(特に母親・女親が)子供を誘拐・拉致・監禁してしまえば、無審査で誘拐親・拉致親・監禁親が保護される。むしろ子供の意思は考慮されないと宣告される。別居親に経済力があれば子供を人質に多額の養育費・婚姻費用を請求することができる。DV被害児にとっては絶望的な運用がなされているのが日本。子供の逃亡の自由=居住・移転の自由(憲法22条)を意図的に侵害・無視する日本の違憲運用は改める必要がある。

裁判所は継続性の重視というが、現状を追認しただけ。どちらの親が子にとって良いかはまともに比較しなかった。
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2017063002000009.html

「痛み」という現実
https://key-ring.themedia.jp/posts/2570298

2歳児虐待で逮捕
“老婆”保育園長のえげつない暴力と過去
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170622-95081864-a_aaac

<殺人容疑>1歳男児を窒息死、母逮捕 神奈川県警
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000114-mai-soci

豊田議員、夫と別居状態だと判明!
ネットでは「当然」「気持ち分かる」と夫に同情の声
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170630-22300054-papimami

1歳児殺害容疑の母親、相模原市が5カ月前から支援
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170624-00000029-asahi-soci

大事な記念日や祝日にキッズに会えないセレブパパたち
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170625-00010003-elleonline-ent

私は娘を殴った、右手が腫れるまで…「本当に痛いのは、あたし」【虐待親の告白・1】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00006272-bengocom-soci

男児殺害 事件前、母親は相談窓口から助言
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170624-00000012-nnn-soci

以下、過去記事再掲載

子拉致問題まとめ
http://fanblogs.jp/k10/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://blog.livedoor.jp/ken060819/search?q=%BB%D2+%D9%C7%C3%D7
http://k070802.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://kblog.mediacat-blog.jp/search.php?search=%E5%AD%90+%E6%8B%89%E8%87%B4
http://red.ap.teacup.com/applet/k0905/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8Eq+%9Df%92v&inside=1

母性優先原則廃止要望(日本語・English順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1041/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120295.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/post-3af3.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/259
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://k070802.seesaa.net/article/445650426.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075271.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(日本語・English順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1054/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120595.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/201701-46be.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/272
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-110.html
http://k070802.seesaa.net/article/446394178.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52076843.html

母性優先原則廃止要望(English・日本語順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1043/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120331.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/261
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
http://k070802.seesaa.net/article/445729743.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075459.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(English・日本語順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1069/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120917.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/02/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/287
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
http://k070802.seesaa.net/article/447146904.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52078456.html
posted by cari.jp at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック