2017年05月01日

子虐待・子拉致得・子監禁得・母優先批判2017年5月上旬

現在の子供の解放(救済)と未来の子供たちのために今の運用を是正する必要がある。

日本の司法(裁判所)・行政(役所・警察)等公権力では、拉致親優先・監禁親優先・母優先になっており、児童虐待が量産される原因となっている。子供の意思優先へ即時是正が必要。

憲法が明文で居住・移転の自由(22条)を認めている以上、子供の意思を基準にしない現在の運用(母優先・拉致監禁親優先)は違憲であり、児童虐待を大量生産している不当な運用である。

片親から引き離された子は監禁親(同居親)へ忠誠を示すよう犯され続け、公権力は子が同居親マンセーマンセー(万歳万歳)という感じになるのを待っている。日本の状態は異常であり、即時是正が必要。

母親・拉致親・監禁親を一律優遇する現行運用に比べ、子供の居住移転の自由(逃げる自由)を保障(尊重)する方が子供の福祉に適う。憲法の条文や人権保障(自由権保障)にも適うし、児童虐待から子供を解放することができる。

子供を児童虐待から解放するには虐待されている本人に挙証責任(立証責任)を課すのではなく、逃亡の自由(憲法22条)を侵害しない(保障する)のが一番有効である。受け入れ先があるのであれば逃げたいときに逃げられる。そんな最低限の権利(自由権・人権)さえ認めようとしない人が沢山いるのが驚きである。

子供には居住・移転の自由(憲法22条)があるのであるから、子供が意思を表明できる状態で、子の拉致を伴う別居になったのであれば、行政・司法は子供の意思を確認して、行きたい方に行かせるのが妥当である。にも関わらず、子供に親を選ばせるのは可哀想・子供の意思は考慮しないなどと言って、拉致親を一律優遇し、子供の逃げる自由を否定して児童虐待を放置している。即時是正が必要である。

拉致・監禁などで子供を手元におけば、暴力・不倫その他何しても官軍扱い、別居親は一律賊軍扱いが日本の現状。家裁(公権力)を通じた子供引渡は、拉致・監禁後即座に申し立てれば、母から父へはある程度認められるが、その逆は大抵認められない。子供自身の逃げる自由は憲法の条文(22条等)が認めているものの実務は無視しているので、拉致親・監禁親は虐待し放題。やり過ぎて死んだ等氷山の一角が逮捕されたり、ニュースになるのみ。今現在も児童虐待は放置されているのが現状である。

監禁女親(同居の母親)に対して子供を帰属させるのが既定路線になっており、子供が虐待されていたとしても揉みつぶせるなら揉みつぶそうというのが司法(家庭裁判所)等公権力の基本的態度。証拠が不十分として揉みつぶし、証拠があったらしつけの範囲などとして揉みつぶし、子供自身が逃げようとしても子供が成長するまでは子供の意思は考慮しないとして揉みつぶします。異常であり、早急に是正が必要である。子供には居住・移転の自由(憲法22条)等自由権が保障されています(公権力が無視しようとしているだけです)。

里親から里子への児童虐待
http://child-abuse.main.jp/

さいたま市南区沼影で火事 留守番の子供3人が死傷
母親が外出中に出火
http://breaking-news.jp/2017/04/20/032095

DV冤罪による親子引き離しとDV見過ごしによるDV虐待が両立するメカニズム
http://d.hatena.ne.jp/scopedog/20170328/1490651379

多くの人に子供の現状を知っていただきたい
http://letters-to-parents.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

親子関係は人類最後の暗黒大陸。親は「子供のためを思って」虐待する。
http://letters-to-parents.blogspot.jp/2017/02/blog-post_9.html

家庭は密室であり、子供は無力
http://letters-to-parents.blogspot.jp/2017/02/blog-post_19.html

「親が毒親だった」「自分が毒親かも」いずれも7割
http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=10370&n_cid=DUALTW03

「子供連れ去った者勝ちだ」甘い対応に日本批判 国際手配された日本人女性も ハーグ条約発効3年
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170417/dms1704171100009-n1.htm

男たちを死に向かわせるものは何か
https://note.mu/terrakei07/n/n3f3c51480470

ゴミ圧縮機に生まれたばかりの子を捨てた10代の母、将来親権を得る可能性も(米)
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170427-03615047-techinq

9歳女児に暴行疑いの母親逮捕。姉弟も過去に要保護児童とされていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000526-san-soci

減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000018-asahi-soci

三崎港付近の海上に乳児遺体 事件の可能性も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-00000035-asahi-soci

「親子心中は虐待」認識あるか。子どもは親の従属物ではなく一人の人間として生きる権利がある。
https://www.nishinippon.co.jp/amp/feature/life_topics/article/289209

以下、過去記事再掲載

子拉致問題まとめ
http://fanblogs.jp/k10/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://blog.livedoor.jp/ken060819/search?q=%BB%D2+%D9%C7%C3%D7
http://k070802.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eq+%9Df%92v
http://kblog.mediacat-blog.jp/search.php?search=%E5%AD%90+%E6%8B%89%E8%87%B4
http://red.ap.teacup.com/applet/k0905/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8Eq+%9Df%92v&inside=1

母性優先原則廃止要望(日本語・English順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1041/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120295.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/post-3af3.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/259
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://k070802.seesaa.net/article/445650426.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075271.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(日本語・English順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1054/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120595.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/201701-46be.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/272
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-110.html
http://k070802.seesaa.net/article/446394178.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52076843.html

母性優先原則廃止要望(English・日本語順)
Request for abolishment of motherhood priority principle in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1043/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120331.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/01/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/261
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-99.html
http://k070802.seesaa.net/article/445729743.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52075459.html

監護権という理屈を用いた監禁擁護の是正要求(English・日本語順)
Request for Rectification of Support of Confinement Under the Logic of
Custody Rights in Japan
http://fanblogs.jp/k10/archive/1069/0
http://kblog.mediacat-blog.jp/e120917.html
http://cari.blog.enjoy.jp/b/2017/02/english-3854.html
http://yaplog.jp/k1301/archive/287
http://0cari.blog.fc2.com/blog-entry-125.html
http://k070802.seesaa.net/article/447146904.html
http://blog.livedoor.jp/ken060819/archives/52078456.html
posted by cari.jp at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449497292
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック