2018年08月05日

2018/07 鈴木社長の備忘・日記

[等高線] 細い:主曲線。太い:計曲線。

順列:いくつかのものを、順序をつけて1列に並べたもの。

[個数を数える]基本的に、同時に起こらない複数の事象に分け、和の法則を使う。但し、分けるときに注目した部分が何であっても、他の部分の場合の数が変わらないとき、積の法則を使うと便利。

[twitterモーメント(ツイート集)]
2018/07 動物保護・動物愛護
http://twitter.com/i/moments/1013367289410801664

30日(月)

[twitterのよしみでPR]マンガ図書館Z -
無料で漫画が全巻読み放題!(ロリショタ戦記
‐まつもと千春年代不詳短編集T)
http://www.mangaz.com/series/detail/162391

12日(木)

[愛知県名古屋市]保護猫カフェひだまり号へようこそ
http://www.hidamari-cat.com/

5日(木)

障害のある娘のために裁判所と闘い、命を落とした母親の無念
成年後見制度の深い闇
http://news.livedoor.com/article/detail/14908083/

2日(月)

拉致天国-日本の真実:「養育里親」の元で赤ちゃん死亡
http://kyuen365.wordpress.com/2018/02/09/512/

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 18:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカの連邦捜査局、中央情報局、海軍犯罪捜査局

2001年9月11日 アメリカ同時多発テロ
2015年 世界同時多発テロ
あらゆる意味でアメリカが、世界が大きく変わりました

それに伴い、アメリカ渡航時に必要なESTA(エスタ)申請の
審査はとても厳しいものとなりました
国民の安全と世界の治安を守っているアメリカ
そんなアメリカの主要機関をご紹介します


■■■■■■■■■■


【FBI】
アメリカ連邦捜査局 
Federal Bureau of Investigation=FBI
司法省の管轄
本部はワシントンD.C.

州をまたいだ広域事件、詐欺(ホワイトカラー)銀行強盗、汚職
サイバー犯罪、組織犯罪
誘拐、失踪は24時間後、州の警察からFBIに捜査が移行されます

バージニア州クアンティコ近郊に
FBIアカデミーがあり
250名の訓練生が捜査研修を10週間行います


【CIA】
アメリカ中央情報局
Central Intelligence Agency=CIA
アメリカ合衆国大統領直属の、監督下
本部はバージニア州フェアファックス

国内での活動は原則禁じられており
国外での対外諜報活動(スパイ活動)がメインです

政治・軍事・経済・テロ活動の情報収集など
複数の偽名を使い分ける工作員となり
世界中を飛び回ります
※活動の詳細は一切公表されていません


【NCIS】
アメリカ海軍犯罪捜査局
Naval Criminal Investigative Service=NCIS
アメリカ合衆国海軍省傘下の法執行機関
本部はクアンティコ、アメリカ海兵隊基地

海軍と海兵隊、退役軍人の事件などの捜査をします
構成員は約2400人、この内約半数は特別捜査官です
任務地は、国内の海軍基地、海兵隊基地
世界中の米軍基地と米海軍航空母艦です


■■■■■■■■■■


FBI、CIA、NCISが登場する映画や海外ドラマは
アメリカ国内だけでなく、世界中で大人気です

中でも、海軍と海兵隊の事件の捜査をする
NCISが舞台の海外ドラマ
『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』は
世界No1視聴率であり、長寿番組となっています

☆FBIが登場する海外ドラマは
『クリミナル・マインド FBI行動分析課』
『クワンティコ/FBIアカデミーの真実』
『FBI失踪者を追え』

☆CIA が登場する海外ドラマは
『バーン・ノーティス 元スパイの逆襲』
『コバートアフェア/Covert Affairs』
『ホームランド/HOMELAND』


☆NCISが登場する海外ドラマは
『NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班』
『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』
『NCIS: ニューオーリンズ』

--

アメリカを守るそれぞれの機関 テロリストとの交渉には一切応じないアメリカ by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 17:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画に見る社会『闇金ウシジマくん』

『闇金ウシジマくん』は2004年より小学館『ビッグコミックスピリッツ』で連載されている真鍋昌平作の人気コミックです。

2010年には山田孝之主演でテレビドラマ化され、2012年より4度にわたり映画化される人気シリーズに成長しています。短髪にトンボ眼鏡といった主人公への山田のなりきりぶりも話題になりました。

 主人公の丑嶋は、借金に追いつめられた人々に10日で5割の法外な利息で金を貸す『カウカウファイナンス』の経営者。いわゆる闇金業者です。
借金に追われ、助けを求めてやってくる多重債務者たち。丑嶋は彼らを射抜くようなするどい視線で見つめます。まるで相手の人間性や返済能力を査定するように。カネに翻弄される人々を大勢見てきた彼の顔は、どこか達観しているように無表情です。

 物語では丑嶋はどちらかといえば狂言まわし的な役割で、実質的にストーリーの中心になるのは債務者となった人々です。
映画の第1作ではイベントプロデューサー志望の若者(林遣都)、パート2では店のトップをめざすホスト(窪田正孝)などが登場します。
彼らは身の程知らずな夢や欲望のため闇金に手を出しますが、イージーに手に入った金はしだいに膨れ上がり、彼らを押しつぶしにかかります。

映画は複数のエピソードが同時進行し、ときに密接にからみあいながら進みます。債務者どうしが返済を逃れるために手を組んだり、逆に裏切りあい、対立や争いを繰り返します。
彼らの熾烈なサバイバルゲームを観ながら、その愚かしさを笑えない自分がいます。多重債務者たちの意志の弱さ、自分への甘さ、ずるがしこさや依存心はそのまま自分の中にもあるからです。

債務者たちに一切同情せず、搾れるところまで搾りきる丑嶋たち。債権の回収にあたって肉体的な暴力はもちろん、パンツ一枚で土下座させるなど精神的な暴力で人としての尊厳までも奪い去ります。狂気に満ちた取り立てが、借りた側もまた狂気に向かわせます。
 
すさまじい暴力描写は、見かたによってはギャグと紙一重です。「かわいいもの尻取りにおけるハバネロ一気飲みの罰ゲーム」のように暴力が遊びやゲーム化しています。現実に社会問題となっている学校や職場のいじめにも通じるのではないでしょうか。

闇金に脅される側もまた、一方的な被害者ではなく身勝手で独善的です。丑嶋たちを手玉にとって借金の踏み倒しを目論んだり、警察に密告、逮捕させようとします。貸した金を正当に(?)返済することだけを要求する丑嶋たちのほうがよほどフェアに感じられるくらいです。
世間的には非合法な丑嶋たちがむしろまっとうな論理のもとに動いていて、借金に追われ良心が麻痺した債務者のほうがモラルを逸脱してしまっている、そんな逆転現象もみられます。闇金業者よりも人間性を喪失しかけた債務者たちのほうにずっと恐ろしさを感じます。

丑嶋もまた闇の世界から資金の融資を受けて会社をまわしている身であり、自分より金を持つ人間には頭が上がりません。
まさに弱肉強食、もっとも金を持っている者を頂点に食物連鎖にも似たヒエラルキーができているのです。

 金銭欲と暴力に満ちあふれた『闇金ウシジマくん』シリーズですが、反面、まっとうにお金を稼ぐことの大切さもさりげなく描きます。
落ちている五円玉を拾うよう債務者に命じ、ためらう相手に丑嶋が「拾わなきゃ人生やり直せない」と告げるシーンや、顔を破壊されたホストが地道な職につき、亡き母を思い出して涙する場面などにわずかな救いを感じます。

この映画を観ている自分たちもまた、ギリギリのところで生きているといっていいかもしれません。映画の中の追いつめられた債務者たちと紙一重なのだという意識があれば、この作品に描かれた世界は急に現実味を帯び、身につまされたものに変わります。
さて、あなたはこの映画を観てどう感じるでしょう。現実離れした荒唐無稽なストーリーだと笑うことができるなら、しあわせなのかもしれません。

--

ギャグと紙一重の狂気 映画に見る社会
闇金ウシジマくんシリーズ 話題の映画から現代社会をウォッチング
written by 塩こーじ

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のマーケティング力

開業3年目にして
事実上の経営破綻をしてしまったUSJ

その後、USJはV字回復を果たし
2011年から入場者数が増加しています

そんな、奇跡的V字回復に導いた
人物、アイディアなど・・・
日本一のテーマパークとなった
USJをご紹介します


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


◇ 日本一の戦略家

森岡毅さん  元USJ執行役員(2016年まで)

現在は、株式会社 刀 を設立し代表取締役CEOに就任
株式会社 刀
は、マーケティングに特化した精鋭集団です

http://katana-marketing.co.jp/ 【公式】

そんな森さんは
開業3年目にして事実上の経営破綻したUSJを
V字回復に導きました

2001年当初からUSJは
ハリウッド映画の世界観がテーマでしたが
それは、主に大人が楽しめるテーマパークでした

そんなUSJを、ファミリー向けアトラクションに転換し
大人も子供も楽しめるテーマパークにしました


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


◇ TDRとUSJを比較

 夏のイベントで比較すると

○(株)オリエンタルランド/ディズニーリゾート

TDL  ディズニー夏祭り 燦水(さんすい)!サマービート

TDS  パイレーツ・オブ・カリビアンゲット・ウェット

○(株)ユー・エス・ジェイ/ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

USJ  ミニオン・ウォーター・サプライズ・パレード

共に、びしょ濡れイベントなんですが・・・

TDL/TDSは、ゲストに向けて放水するだけです
USJ、ゲストも放水できる圧倒的な体感効果があります

それによって
グッズ売り上げは、着替え用のTシャツだけじゃなく
ゲストが使用する放水グッズも売れるのです


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


◇ USJのマーケティング

様々なイベントとアトラクション
ハリウッド映画の世界観だけではなく

ディズニー以外の親しまれているキャラクターが
勢ぞろいしています

又、値上げをしても入場者数は増加を続けています

入場料金は5800円〜7400円へ値上げ
年間パスは1万500円〜2万2800円へ値上げ

2011年度から6年連続で入場者数が増加


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


◇ USJ

魅力のある9つのエリア
迫力満載の40のアトラクション(一部をご紹介します)

☆ ニューヨークエリア

1930年代のニューヨークの街並み
アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド
4K3D

☆ ハリウッド・エリア

1930〜1940年代ハリウッド大通りの街並み
ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド

☆ サンフランシスコ・エリア

アメリカ随一の港町、フィッシャーマンズワーフ
チャイナタウン

☆ ミニオンパーク

ミニオン・ハチャメチャ・ライド


ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ

☆ ユニバーサル・ワンダーランド

スヌーピーのグレート・レース

☆ ジュラシック・パーク・ザ・ ライド

フライング・ダイナソー

☆ アミティ・ビレッジ

ジョーズ映画ジョーズの舞台となった漁村アミティ

☆ ウォーターワールド

映画ウォーターワールドの世界観
約3000席の巨大アリーナでは水上スタントショーが開催


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


【公式サイト】 USJ

http://www.usj.co.jp/

--

TDLの来場者数を抜いたUSJ 日本の経営者はUSJに学ぶべし!

written by tenten616(CW)

かりるーむ株式会社(cariroom)
TOP http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
記事ランキング http://cari.blog.enjoy.jp/
検索ランキング http://hp1.boy.jp/counter/
記事ライター募集 http://cari.jp/wk/data/writer/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする