2018年01月21日

2012/06/02(16:15)撮影写真 猫Y

neko-120602-1057.jpgかりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 15:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

セルテス名塚 内部写真(室内・屋内)

JPEGserutesunazuka-naka-171125-1515.jpg1K 賃貸アパート
愛知県名古屋市西区名塚町
地下鉄鶴舞線庄内通駅

かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 14:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

2018/01/10(11:57:01)撮影写真

celtisemukae6.jpgセルテス江向 1階 屋内
愛知県名古屋市西区江向町
地下鉄鶴舞線庄内通駅徒歩14分
築年月:2012年1月
構造:木造

かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 11:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

2018/01/17 セルテス江向 1F 間取図

\xE3\x82\xBB\xE3\x83\xAB\xE3\x83\x86\xE3\x82\xB9\xE6\xB1\x9F\xE5\x90\x91101.jpg庄内通駅徒歩14分
築年月:2012年1月
構造:木造

設計図面上 1階床面積(32.30u)

かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 14:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

2018/01/10(11:56:00)撮影写真 玄関

celtisemukae4.jpgセルテス江向 1階
庄内通駅徒歩14分
築年月:2012年1月
構造:木造

かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

2017/12/10 環境保護要求(エコ)

牛乳買うより豆乳買おう(エコ)

絹(シルク)より綿(コットン)を選ぶのがエコ

どちらでもいいなら牛乳より豆乳を選ぼう(エコ)

ベジタリアンじゃないお坊さんにはいまいちありがたみを感じない。

自分はベジタリアンやビーガンではないが彼ら(彼女ら)は尊敬に値する。

ゆるベジにしろベジタリアン志向はエコで倫理的で尊敬に値すると思う。

ノリやミエで肉のドカ食いをするのはやめよう。非エコで不健康なだけである。

新しく家を建てるなら屋根を片流れにして太陽光発電設備をつけるのがおすすめ。

ピーマンなどの野菜くずに含まれる種を使って家庭菜園をするとエコでありおすすめ。

かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

2017/12/23 児童虐待・監禁支援批判

未成年者誘拐罪の保護法益から親権・監護権を外すべきである。

片親(主に母親)による子供誘拐・監禁支援機関と化している保育園に対する補助金を削減すべきである。

未成年者誘拐罪を気にしながら児童虐待救済活動をしなければならないような現状の運用は是正すべきである。

現在の保育園に対する補助金を増額することは税金で片親による児童誘拐・監禁を助成するようなものである。

真偽はともかくモラハラを理由に本人が逃げるのはしょうがないにしても子供を道連れにして誘拐・監禁し続けてよいはずがない。

本人(自己)の監禁されない権利より他者を監禁する権利が優先される日本の未成年者に対する法運用は異常であり是正すべきである。

子供が親権者・監護権者から逃げ出し家出した場合には児童虐待の可能性が高いのであるから家に帰すよりも親権者・監護権者の変更を考えるべきである。

片親がやれば子供(本人)が嫌がっていても監禁ではないと言う理屈は尊師がやれば人を殺しても殺人ではないという理屈と同じ。気持ちの悪い理屈で運用されている現在の違憲運用を即時に是正すべきである。

子供を一方的に監禁した片親が子供に同居を強要するのを不問に付すどころか親権・監護権者に任命して積極的に保護・支援する日本の司法・行政等政治権力はファシズム(全体主義)的で人権侵害的であり、即時に是正されるべきである。

家庭裁判所は母親(片親)の子供監禁を保護・支援して日本中に民営児童強制収容所を設置し別居親に運営資金を拠出させるのをやめるべきである。子供に逃亡の自由を保障して尚同居親の元に留まる子についてのみ養育費を認めるべきである。

子監禁問題まとめ
http://k070802.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8Eq+%8A%C4%8B%D6
http://kblog.mediacat-blog.jp/search.php?search=%E5%AD%90+%E7%9B%A3%E7%A6%81

子拉致問題まとめ
http://red.ap.teacup.com/applet/k0905/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%8Eq+%9Df%92v&inside=1

かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

2017/12月 社会科(倫理学)等

仏教の四大聖地:ルンビニー・ブッダガヤー・サールナート・クシナガラ。

四福音書:マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネ。

オルテガ:『大衆の反逆』を著し、現代社会を考察したスペイン人哲学者。

人悔やむ(1986)チェルノブイリ原発事故。

『啓蒙の弁証法』:フランクフルト学派第1世代であるホルクハイマーとアドルノの共著。

サイード:『オリエンタリズム』を著し、西洋による植民地支配の正当化を批判したアメリカの思想家。

レヴィナスは、自己意識の中に取り込めない他者(他性)が現れる場を顔という言葉で表現。

カント「汝の意志の格率が、つねに同時に普遍的な法則として妥当しうるように行為せよ」。

カントは、実践理性を働かせることのできる存在を人格と呼んだ。

洞窟のイドラ:性格・環境・身分・経験・教育などから発生する偏見・先入観。

西村茂樹:皇室崇拝を中心とした国民道徳を提唱し『日本道徳論』を著した。

ホリングワース:青年期を心理的離乳と定義した米心理学者。

[プラトン](魂)理性・気概・欲望。(四元徳)知恵・勇気・節制・正義。

[15]志学。[30]而立(じりつ)。[40]不惑。[50]知命。[60]耳順。[70]従心。

(孟子)四端(惻隠・羞悪・辞譲・是非)→四徳(仁・義・礼・智)。

(孟子)五倫:父子の親(しん)、君臣の義、夫婦の別、長幼の序、朋友の信。

21日(木)

児童虐待や動物虐待の積極検挙と厳罰化を要求致します。

5日(火)

新電力(PPS)比較|電力自由化・省エネで経費大幅削減
http://xn--tfrx75b1oen34bmli.com/

<猫虐待殺傷事件初公判>駆除が一転、猫への復讐と残虐殺害動画が目的に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171205-00011219-jprime-soci

4日(月)

モラハラ批判が好きな連中は総じてモラハラ気質だと思うのは僕だけではないだろう。あれは近親憎悪なのか?。他者を自分の虚像でラベリングして批判する姿は非常に滑稽だけど政治権力に寄生している連中も多いので笑えない。

3日(日)

ネコの死骸遺棄 奈良県嘱託職員逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171203-00000514-san-soci

かりるーむ株式会社(cariroom)
http://cari.jp/
空室一覧 http://cari.jp/room/
TEL090-8487-4851(鈴木)
posted by cari.jp at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする